印刷範囲
本文プリント

心と家庭を豊かにする色彩アドバイス
Vol.4 ふたつの顔を持つ色、黄色

朝晩の冷え込みは冬を思わせますが、 昼の日だまりの暖かさに寒い季節ならではの喜びを感じる 今日この頃です。

ついに師走に突入し、街はクリスマスの彩りですね。 楽しい計画があれこれ立つ頃だと思います。 一年で一番心が浮き立ち、楽しい事や喜びが多い時期ですが、キラキラ輝く金色の光を思わせる黄色が今回のテーマです。 複雑な顔を持つ不思議な色、黄色。 この色がもたらしてくれるさまざまなことをご紹介していきます。

最高の色で、最も嫌われる色

金色の光を思わせる明るい黄色。
金運に関係のある色としてお財布などに使われることも多い色です。

また小学生の帽子や、男の子でも女の子でも使える色として、お子様関連で使われる事の多い色です。

黄色自体は、前に飛び出して見える色なので進出色と言われます。
学童用品に多くつかわれているのは、きっと通学路での安全を考えた結果なのだと思います。

雨の日の傘などは特に、黄色が目立ちます。もし、自由に傘の色を選べる学校であるなら、お子様の背が低いうちは黄色い傘をおススメします。

アジアでの黄色の持つ意味、ヨーロッパでの黄色の持つ意味

アジアでは聖なる色とされ、富や永遠、仏教を表す色

さて、この黄色、アジアでは聖なる色とされ、富や永遠、仏教を表す色でした。

また中国の陰陽五行という世界観では万物の中心にある色でした。
そのため、中国では黄色は最高の色=皇帝の色とされ、黄色を着てよいのは皇帝のみということになり、黄色は普通の人間には手の届かない禁じられた色(禁色)でした。

ヨーロッパでは、結婚の永続性を象徴した色だったが・・・

一方ヨーロッパでは、地中海領域で神官や巫女などの着る聖なる色とされ、結婚の永続性を象徴した色でした。

ところが、中世ヨーロッパでは黄色は汚れや黄ばみを連想させるため、次第に成り上がり者や裏切り者を表す色となってしまいました。
キリストを裏切ったユダは黄色い衣で描かれるようになり、次第にユダヤ人や非キリスト教徒を表す色となったのです。

ナチス・ドイツがユダヤ人を迫害した際に、ユダヤ人は黄色いダビデの星を服につけるように命令され、ユダヤ人の家のドアには黄色のペンキでダビデの星を描く事を強制されました。

最高の色のはずが、こんな悲しい使い方もされてしまったのが黄色です。

同じ色なのに、愛されたり憎まれたり・・・

あんなに明るく楽しそうな黄色にもいろいろな表情があるのですね。
だからこそ、魅力的なのかもしれません。
陰と光があってこそ、そのものが「ある」ことがわかります。

愛されて、憎まれて、黄色に表情が出てきたように思いませんか?

黄色の復権

ヨーロッパでは、不人気な色となってしまった黄色も、ナポレオン帝政時代に一時人気色となり復権を遂げているのです。現在では、元気が出る色としてあちこちで目にする事ができます

明るく、金色を思わせる黄色が豊かさの象徴として愛され、目立つわかりやすい色として、道路標識や、スポーツウエア、商品のパッケージなど、様々な場所に黄色が踊っていますね。

金運の上昇を願って黄色いものを部屋の西側に置くということも一時期流行しました。
何を隠そう私のお財布も黄色です・・・。

色彩心理の分野では、コミュニケーションを活発にさせる色

最近会話が少なくなってしまったなあと思われた時、テーブルに、黄色いお花を飾ったり、ランチョンマットやナフキンに黄色を使ったりすると、楽しい会話にすることができそうですね。
こんな時、いきなりどぎつい黄色を使うのはちょっと・・・という方には、優しいクリーム色のような黄色からお使いになるのをおススメします。
これから人が集まる機会が増える時期です。是非試してみて下さい。

健康をもたらす黄色

黄色い食材と言えば、卵でしょうか?レモン、カレー、トウモロコシ、サツマイモに小麦・・・意外と黄色い食材というのはたくさんあります。

黄色い食事に大活躍するもののひとつに、サフランやウコンなどが挙げられます。特にウコン(ターメリックとも呼ばれます)にはクルクミンが含まれ、抗腫瘍作用や抗炎症作用などによって健康面でも注目されています。

皆様がよく食べるターメリックと言えば、カレーが挙げられると思います。カレーの黄色い色はこのウコンによるものです。また、このウコンは精神的機能にも良い影響を与えると言われ、半年に一度以上カレーを食べるアジアの高齢者に、より健康的な精神的機能が見られたという調査もあります。

ムズカシイことは置いておいて、それぞれのお家の味や具材を使った、あったかいカレーを囲んで、楽しい会話が進むといいですね。
美味しく食べながら健康増進・・・これが一番自然でいいですよね。
美味しく食べながら、楽しい会話で心も豊かに、楽しく・・・どんな薬よりも効きそうですね。



「おうちの彩りに役立つおすすめアイテム」-レモンの皮

黄色い食材というとレモンもポピュラーだと思います。
紅茶に入れたり、お菓子に使ったり、様々に利用されている事と思います。
でも、レモンの皮はどうしていらっしゃいますか?

実は、レモンの精油というのは、レモンの皮から絞ってつくられています。
ということは、レモンの皮にレモンの精油がたくさんふくまれているということですね。

これをみすみす捨ててしまうのはとってももったいない・・・・のではなく、
このレモンの皮を、細かくちぎって生ゴミの中に捨てていただきたいのです。
そうすると、レモンの皮から精油が出て、ゴミのイヤな匂いを消してくれます。もちろん、夏場や日がたってしまったら、腐敗臭を防ぐのは難しいのですが、それなりに、レモンの香りでカバーしてくれます。

流しのゴミ受けにも、わざとちぎって入れておくと、お湯が流れるたびに皮からレモンの香りが立ち上りますレモンの香りの効用としては理解力や集中力を高める、肌の新陳代謝を促進し、冷えやむくみを防ぐなどがあげられます。

捨てる皮でも、最後まで無駄なく使ってあげたいですね。

*アロマオイルを使用するときは、レモンの精油を(キャリアオイルなどで薄めて)肌などにつけた後は直射日光に気をつけて下さい。光毒性と言って、赤く腫れ、刺激を与える性質があります。
最近では光毒性を引き起こす成分を取り除いた精油も売られていますので、店員さんとご相談されると良いかと思います。

セキスイハイム東海ご入居者様へのメッセージ

街はクリスマスの色であふれていますね。
赤と緑はお互いに求め合う心理補色ですが、この二つが並ぶと,
目がチカチカしてしまったりするのも事実です。
(この作用はハレーションとも言われます)

そんな時に活躍するのが今日のテーマ黄色です。
赤と緑で、きつい感じになってしまった時、黄色を間に加えてあげると、
とたんに調和がとれます。
黄色の代わりに金色を使われても素敵ですね。
皆様の素敵なお家に、美しいクリスマスがやってきますように。

「ライフクリエイター」石川ジェインちはる先生 ご紹介

慶応義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業
大手化粧品会社ファッション研究所にて消費者マーケティングレポートの作成、企画営業等を経て大手出版社編集部に中途採用され、編集者として創刊号・2号に携わる。
退社後二人の娘を得て主婦としても14年の研鑽を積み、その間大手英会話教室のホームティーチャーとして5年にわたり3歳から70歳までの方に英語を教える。現在、Life Creator’s Studioを主宰。静岡県磐田市在住。

Webサイト:http://www.life-creators.com/
Facebook:https://www.facebook.com/LCreators

暮らしを快適にする
リフォームコーディネートも
お任せください!

キッチンや浴室を最新システムに。使い勝手や機能の向上をご提案します。キッチンや浴室、家具や収納システムなど、日進月歩で進化する最新設備をご紹介し、お住まいの機能や快適性を飛躍的に向上させます。

暮らし快適リフォームページへ

お客様1人1人の個性と想いに応える為、10万点以上の豊富な家具・オーダーカーテン・照明・ラグ等のインテリアアイテムをご用意。おしゃれな住まいへの模様替えはお任せください。

インテリアコーディネートページへ

タグ :
電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ