印刷範囲
本文プリント

冬本番に備えてスタンバイは完璧!
エアコン&加湿器のお手入れ

「助けて~!冬将軍、いよいよ到来!!」

毎回、季節ごとのお手入れ情報をご紹介してきた当コーナーも、今回で最終回となりました。いよいよ冬本番を目の前にした今月は、快適・経済的・健康的に冬を過ごすためのエアコン&加湿器のお掃除について解説します。

さらに、玄関をスッキリと保ち、使い勝手も向上する「下駄箱の衣替え」のご提案も。少しの努力や工夫で寒い季節を快適に乗り切るヒントの数々、ぜひご参考ください。


スタンバイは完璧! エアコン&加湿器のお手入れ

寒さと乾燥から私たちを守ってくれる冬の必須アイテムが、エアコンと加湿器です。
この冬も大活躍間違いなしのエアコン&加湿器ですが、そのパワーを最大限に発揮させるためにも、本格稼動前のお手入れが欠かせません。さらにエアコンの場合、フィルターなどをしっかりお掃除しておくことで省エネにもつながります。

【注意】お手入れの際は必ず電源を切りましょう!


エアコン

フィルター

汚れがたまると暖房効率低下の原因に。
シーズン中でも2 週間に1回はお掃除を

  1. カバーを開けてフィルターを取り出します。
  2. 床に置くか、片側に新聞紙などをあて、反対側から掃除機をかけます。目詰まりしている場合はやわらかめのブラシなどでホコリをかき出しながら吸い取ります。
  3. 掃除機で取りきれないホコリや汚れは、中性洗剤を溶かしたぬるま湯をスポンジにつけてやさしくていねいに洗います。最後は洗剤をきれいに洗い流し、日陰で乾かします。
フィルター取り出し
フィルターの掃除


本体

アルミフィンに付着した汚れは悪臭の素。
高所での作業のため足元にはご注意を

  1. フィルターを外したついでに、アルミフィンにも掃除機をかけましょう。
  2. シーズン初めの臭いが気になる時は、市販のエアゾールタイプのスプレーを使用します。10 ㎝ほど手前からフィン全体に吹き付けるだけ。屋外のドレンから汚れが出てきます。
  3. お掃除後は1 時間程度「送風」運転にして、内部を完全に乾かします。
アルミフィンの掃除


換気ガラリのフィルター

「24 時間換気システム」が設置されているご家庭に

  1. 全館換気スイッチをOFF にした後、安定した脚立などに乗り、カバーを下げながら下端部を手間に引いて外します。
  2. フェルト状のフィルターの右または左端をつかみ、めくるようにして取り出します。取り出したフィルターにはホコリや花粉が付着しているため、屋外で軽くたたくか、掃除機で吸い取ります。
  3. 中性洗剤を溶かしたぬるま湯にフィルターをつけて押し洗いします。その後、日陰に干して乾かします。
換気ガラリのフィルター取り出し
フェルト状のフィルターの掃除


加湿器

クエン酸効果で気になる白い塊状の汚れもスッキリと

  1. 加湿器のフタを開け、外せるパーツを外します(製品・メーカーによって外せるパーツが異なるため、必ず説明書をご覧ください)。
  2. 加湿器の内部に、クエン酸を溶かしたぬるま湯(湯1ℓに対し、クエン酸小さじ2~3)を入れて2~3 時間ほどつけ置きします。その他のパーツも、同様のクエン酸入りのぬるま湯をはったバケツなどに入れてつけ置きします。その後、内部、パーツともに水拭きします。
  3. フタは歯ブラシやスポンジにアルカリ性洗剤をつけてこすり、水できれいにすすぎます。加湿器の外側は布にアルカリ性洗剤をつけて拭いた後、水拭きして洗剤を落とします。
  4. 本体、パーツ、フタを外に干して完全に乾かします。
クエン酸でつけ置き


下駄箱の衣替え

玄関は家の顔。お客様を迎える上ではもちろん、帰ってくる家族のためにも、つねにスッキリと保っておきたいもの。・・・とはいえ現実は、下駄箱におさまりきらない靴であふれかえり、とても「顔」と呼べない状況となっているお宅が多いようです。
靴にも洋服と同様、サンダルやブーツなどの「季節物」があります。そこで、洋服と同じく「衣替え」をしてみてはどうでしょう。


  1. 下駄箱の中の靴をすべて出します(下駄箱に入りきらない靴があれば、合わせて置いておきます)
  2. 下駄箱の中をきれいに拭きます。可動式の棚板の場合、ついでに高さの間隔を調整しておきます。
    これからの季節なら、一番下の棚はショートブーツやハイカットシューズ用に高さにゆとりをもたせておきましょう。
    また、この時、家族の身長に合わせて、上からお父さん、お母さん、子どもたち・・・と、収納場所を決めれば、後々の使い勝手が大きくアップします
  3. ①の靴の総チェックをします。ポイントは「シーズン」「サイズ」に加え、「ずっと履いていないし、これからも履かない」の見極めです。
  4. シーズン物の靴は汚れを落として、ヒールなどの傷み具合をチェックした上で、下駄箱に収納します。
  5. オフシーズンの靴(サンダル、ミュールなど)は靴用の紙箱などに入れ、クローゼットのデッドスペースなどに収納します。中が見えない箱の場合、入っている靴の特徴(種類・色・素材・飾り)を書いたカードを貼っておくと中身がわかって便利です。


こうして下駄箱の衣替えをしてみると「不要な靴」の多さに驚かれるはずです。特に子どもの足はどんどん大きくなり、靴もあっという間にサイズが合わなくなってしまいます。履かない靴、サイズが合わない靴は、思い切って処分してしまいましょう。
また、せっかく下駄箱を衣替えしたのですから、これから玄関をきれいに保ち続けるためにも、「脱いだ靴は必ず元の場所に戻すこと」をご家族みんなで心がけてください。


セキスイハイム東海コールセンター
住まいのお悩みなんでもご相談ください

セキスイハイム東海のオーナーサポートサイトをご覧いただきありがとうございます。セキスイハイム東海コールセンターでは静岡県内のセキスイハイム・ツーユーホームご入居者様からの設備や暮らしに関するご相談を承っています。

「機器の操作方法がわからない」「部品が壊れてしまったので修理してほしい」「リフォームを検討しているがいつごろするのが良いだろうか」などお困りのことがあれば、些細なことでもお気軽にご相談ください。


その他のお悩み解決集Q&Aを探す

外壁・屋根・外構 ][ 窓・玄関・勝手口 ][ 建具・床・クロス ][ 水まわり
太陽光・蓄電池 ][ その他部品・設備 ][ 住まいの豆知識


タグ :
電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ