印刷範囲
本文プリント

庭木・植物特集

緑のある生活。お庭で花や樹木を育ててみませんか?植物は人に癒しを与え、お子様の情操教育にも効果があるといわれています。人気の樹種、お手入れのポイントなどをご紹介。

1.お庭に緑を植えましょう

green2

ひとくちに「庭に緑を増やしたい」といっても、多種多様な種類があります。
ご家族の楽しみや好みを考えたり、建物とのバランスを考えて上手に取り入れたり、紅葉や新緑で四季を感じたりすることで、充実したガーデンライフを楽しんでいただけます。

ポイントとしては、適度な維持管理をすること。
植物は生き物なので、種類によっては植える場所や日照条件、水・肥料のやり方などに気をつけなければなりません。それぞれに合ったお手入れをすることで、より長い間、樹木や草花を満喫することができます。

2.お手入れ方法

ポイント1.【水やり】

植え付け半年くらいまでは、断根によって水分吸収量減ってしまいますが、水分を発散させる(蒸散)作用は変わらないので、1日に1回程度の十分な水やりをオススメします。

活着 (新根が生え揃った状態)後は、週に1回程度、夕方にたっぷり水をやればいいでしょう。活着後であれば、夏場でも毎日水やりする必要はありません。ただし、5~6月は木が生長して、思いのほか土が乾燥します。1週間くらい雨が降らなかったら、夕方にたっぷり水をやってください。昼間に水をやるとすぐに乾燥してしまい、木も体力を消耗しますので夕方がベターです。

oteire1

ポイント2.【肥料】

庭木が元気よく育つには、庭の土壌が1つのポイントです。樹種に合わせた土壌改良が必要な場合もあります。

自然界で特別に肥料を与えなくても木が育つのは、樹木・雑草やミミズ・微生物などの生態バランスがとれており、落ち葉や昆虫の死骸などが分解されて、養分として再利用されます。

いっぽう庭という小さな世界では、生態バランスが取れておらず、樹木や草花の成長に必要な養分が不足する場合、肥料を効果的に用いましょう。

oteire2

ポイント3.【お手入れ】

剪定や枝打ちなど、お手入れに必要な代表的なアイテムです。

o-item1
o-item2
o-item3
o-item4

3.主な樹木や草花(写真をクリックすると詳細をご覧になれます)

4.害虫・病気について

見た目にきれいな樹木や花も、病気にかかったり虫がついてしまったりします。
そんな時の対処法をご紹介。

※クリックすると詳細をご覧になれます。

1.樹木に寄生する主な害虫

 

2.樹木がかかる主な病気
うどんこ病
すす病
さび病
もち病

黒星病
白紋羽病
ブラウンパッチ病

電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ