印刷範囲
本文プリント

Q.年末年始に特に注意すべき、我が家の「安全確認箇所」について教えてください

A.セキスイハイム東海コールセンターからの回答

「防犯」と「火の用心」の安全確認ポイントをご紹介します。

年末年始は長く家を空けることが多い時期です。また、冬は乾燥しやすく火災リスクも高い季節です。そこで「防犯」と「火の用心」に注目して安全確認ポイントをご紹介します。

防犯

1年の中で最も空き巣被害の多い時期は「秋」と「年末年始」です。
秋は行楽シーズン、年末年始は帰省やあいさつ回りで家を空けることが多くなります。何かと忙しい時期ですがお出かけの際はチェックをお忘れなく。

統計では、空き巣の侵入口は主に玄関や窓
家族や住まいを守るためにも、まずは進入させない対策をとることが大切です。都市防犯研究センターの調査では、進入しようとする人は2分~5分であきらめることが分かっています。戸締りを注意すると共に鍵が2箇所ついている玄関は2つとも施錠するようにしましょう(2階窓の戸締りも忘れずに)。
その他には以下の3点が対策できることです。                

  1. 防犯性の高い鍵に取り替える
  2. 不審者が人目に付きやすいように玄関の見通しをよくする(植木などで玄関が見えない場合は要注意です)
  3. センサーライトを取り付ける


火の用心

住宅火災の多い月ワースト3は1月、2月、12月になります。乾燥する時期になりますので今一度ご確認を。

  1. 火災の原因はガスコンロが一番多く、続いて煙草、放火です。
  2. 配線器具(差込みプラグ、コンセント等)の点検、清掃(ホコリ、タコ足配線、プラグの変形は発火の原因になります。)
  3. 火災警報機の動作点検、期限確認
  • 点検方法:テストボタン(警報停止ボタン)を押し警報音が鳴れば正常
  • 交換目安:10年

火災保険の内容についても今一度ご確認を。


リフォーム
コーディネーター
おすすめの注目商品

住まいの防犯力アップ、玄関からはじめてみませんか?ファミエスリフォームコーディネーターが最新の玄関防犯対策機器をご紹介いたします。

玄関防犯力アップページへ

IHクッキングヒーター

ガスコンロは出火原因第4位と毎年上位占めています。火を使わないIHクッキングヒーターなら、高齢のご家族や小さなお子様がいる家庭でも安心!

IHクッキングヒーターページへ

セキスイハイム東海コールセンター
住まいのお悩みなんでもご相談ください

セキスイハイム東海のオーナーサポートサイトをご覧いただきありがとうございます。セキスイハイム東海コールセンターでは静岡県内のセキスイハイム・ツーユーホームご入居者様からの設備や暮らしに関するご相談を承っています。

「機器の操作方法がわからない」「部品が壊れてしまったので修理してほしい」「リフォームを検討しているがいつごろするのが良いだろうか」などお困りのことがあれば、些細なことでもお気軽にご相談ください。

その他のお悩み解決集Q&Aを探す

外壁・屋根・外構 ][ 窓・玄関・勝手口 ][ 建具・床・クロス ][ 水まわり
太陽光・蓄電池 ][ その他部品・設備 ][ 住まいの豆知識

電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海
コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、
担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ