印刷範囲
本文プリント

健康維持・介護予防リフォーム

Page Index :

    いつまでも健康で暮らし続けるために・・・65歳以上からが要注意
    健康維持・介護予防の住まい対策

    クリックで拡大クリックで拡大

    60歳になった時の平均余命は、女性で28年、男性で23年。
    超高齢社会に入った日本では、いつまでも健康な状態で我が家で暮らすことが重要であるとされています。
    しかし、厚生労働省の人口動態統計データによると家庭内での不慮の事故による死亡数を年代別にみると、65歳以上で急増しています。

    子育てや仕事に追われた年数と同じくらいのこれからを豊かに、そして健康に暮らすためには何をしたらよいのでしょうか。ずっと自宅に住みつづけるために、そしていつまでも安心して健康な暮らしを実現するための住まいのリフォームのポイントをご紹介します。


    家の中の一番の危険スポットは「浴室」

    health-bath-01実は、家の中の一番の危険スポットは「浴室」です。

    家庭内での事故死は交通事故死の3倍以上発生しています。そのうちの大部分が浴室で発生しています。転倒や溺死といった浴室での死亡事故だけで、交通事故死の2倍もあります。

    浴室では、転倒しやすく、大ケガにつながる危険があります。また温度変化によるヒートショックにも注意しなければなりません。


    クリックで拡大
    クリックで拡大クリックで拡大


    転ばぬ先の浴室リフォーム

    health-bass-05 この20年でセキスイハイムの浴室設備も新たな技術や素材が生まれました。
    例えば、段差を解消したり、滑りにくい床にしたり、換気を遮断したり、手すりを設置したりできます。 この他にも、保温浴槽、浴室暖房乾燥機、浴室テレビなど、多くの部分で性能がアップしています。
    純正のセキスイオリジナル工法での浴室リフォームなら、入れ替え工事期間はたったの3日、外壁を壊すことなく浴室を新しくできます。

    シニアに多い腰痛を予防するために「コンセント」の配置変更

    加齢とともに腰痛で悩む人も増える傾向にあります。腰痛は、シニアが抱える痛みの中でもかなり多く、多種多様で痛みの程度もさまざまです。
    60歳以上では2人にひとりが腰痛で悩んでいるという統計もあります。

    「腰が痛くて毎日の掃除が大変!」「身体の負担を軽くしたい!」そんなお悩みの方も多いのではないでしょうか?

    クリックで拡大クリックで拡大


    コンセントの位置を見直せば、
    身体の負担を軽減し、
    毎日の家事を快適に!

    壁面のコンセントは、床のすぐ上の低い位置に付けられているのが一般的です。
    しかし使う状況によっては、低すぎて使い難いことがあります。高さや取り付け位置を工夫すれば、より便利で快適な暮らしができるようになります。
    例えば掃除。掃除機を使うとき、移動しながらコンセントの抜き挿しをしますが、コンセントが低いと抜き挿しのたびにいちいち屈ま なければなりません。この屈む動作は、シニアの方や腰痛持ちの人には意外と辛いものです。
    そこで、掃除機用コンセントを高い位置に移動すれば、掃除がぐっとラクになります。 また、床から110cm程度の高さに取り付けられているスイッチと一緒にまとめて取り付けるようにしても壁もスッキリとして抜き挿しがしやすいコンセントになります。 小さな常夜灯を挿すなど工夫次第で便利に活用できます。

    高い位置にコンセントがあれば抜き差しがカンタン快適!

    health-outlet-02


    将来の介護に備えて「トイレ/洗面所」のバリアフリー化

    将来、足腰が衰えたり、介護が必要になった場合の心配事のひとつがトイレや洗面所といった狭い空間です。

    毎日必ず使うトイレや洗面所。今は不自由なく使えているかもしれませんが、将来は不便になってしまうかもしれません。

    health-toilet-02


    バリアフリーで
    今も将来も安心

    トイレや洗面所への「手すりの設置」「車いすでも入れる広さの確保」「段差の解消」などを実施します。
    誰もが経験する加齢に配慮し、バリアフリーで今も将来も安心して暮らせる工夫をいたします。

     

     


    タグ :
    電話でのお問い合わせ先
    セキスイハイム東海コールセンター【24時間受付】
    セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
    コールセンターが一括受付して、担当部署が対応いたします。
    無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
    無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

    ページの先頭へ