わが家の台風・竜巻対策

「助けて~!台風シーズンがやって来る!!」

いよいよ9月。本格的な台風シーズンの到来です。また、この時期は台風だけでなく、竜巻への対策も講じておくのが賢明です。竜巻は9月をピークに10月、11月まで頻発し、台風と同じく対策のポイントは「窓まわり」。つまり、今、台風への備えとして窓まわりを見直すことで、竜巻の被害も事前に食い止めることができるからなのです。
地震や火事と比較して、つい軽視しがちな台風や竜巻ですが、実際の被害現場はまさに惨状そのものです。いざという時にわが家が惨状と化すのか、はたまた被害を最小限に食い止められるのか、それは日頃の「備え」次第。
さあ、9月1日は防災の日。この機会に台風・竜巻についても、ぜひ対策を講じておきましょう。

窓ガラスの飛散防止から、
防犯・遮熱・UVカット・防音・結露防止まで。
まさに“一石六鳥”、窓ガラスの台風対策。

濡れたタオルが“凶器”に!?窓ガラスが割れる原因は「飛来物」

台風や竜巻などの突風で窓が割れる原因、それは「風」そのものではないことをご存知でしたか?実際に風圧だけで窓ガラスが割れることはほとんどなく、突風による飛来物が当たって割れてしまうのです。代表的な飛来物として植木鉢や小石、木の枝などが挙げられますが、時には濡れた洗濯物(タオル1 枚でも)すら“凶器”となることも。
そしていったん窓ガラスが割れてしまうと、室内はまさに惨状です。割れた窓からは雨風が凄まじい勢いで入り込み、家電やパソコンの故障は必至。さらに、鋭いガラス片でケガをしたり、避難しようにも床一面にガラス片が散乱し、歩くことすらままなりません。また、窓から入ってきた突風が家中を吹き荒らし、その勢いで屋根が吹き飛んでしまったという例もあり、その威力たるや想像に難くありません。
これほどまでに恐ろしい突風被害ですが、発想を転換すれば、要は「窓ガラスさえ割れなければ被害を防ぐことができる」ともいえます。

「防犯フィルム」が大活躍

窓ガラスが割れる原因は飛来物。そのため、台風情報を耳にしたら、すぐに自宅の庭やベランダ、物干し場などをチェックし、飛来物になりそうなものをすべて撤収しますが、それでも道路や隣家などから飛んで来るものまでは防ぐことはできません。それではどうやって突風に備えれば良いのでしょうか。

そこで活躍するのが「防犯フィルム」です。防犯フィルムとは、窓ガラスを割って侵入する空き巣被害を防ぐために、窓の内側に貼るフィルムのこと。実はこの防犯フィルムが、突風被害の防止にも効果大なのです。万一、外からの衝撃で窓ガラス自体は割れてしまっても、破片はフィルムにしっかり接着されるため、雨風やガラスの破片が室内に入るのを防いでくれます。また、最近ではUVカットや結露防止効果を持ったものも販売されています。

「シャッター」や「雨戸」でさらに万全

防犯フィルムに加えて、シャッターや雨戸を設置すればさらに安心です。これなら窓ガラス自体が割れるのを防ぐこともできるため、台風対策としてはさらに大きな効果が期待できます。

また、防犯はもちろん、遮熱・防音効果にも優れ、非常時だけでなく日々の暮らしの安全性・快適性もアップします。

そして暴風雨時下の恐怖心が大きく軽減できるのも、シャッターや雨戸ならではの効果です。

ガレージのシャッターも見直しを

また、住まいだけでなく、この機会にガレージのシャッターも損傷や劣化がないか点検し、必要があれ
ば修理・交換を行って、大切な愛車を台風の被害から守りましょう

台風対策のご相談は、セキスイファミエス東海へ

防犯フィルムはご自身で貼ることもできますが、大きな窓に貼るのはかなり難しく、またフィルムの性
能を十分に発揮させるためにも、やはり経験豊富な専門技術者にお任せいただくのが一番です。
シャッターや雨戸の設置と併せて、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

セキスイハイム東海コールセンター
住まいのお悩みなんでもご相談ください

セキスイハイム東海のオーナーサポートサイトをご覧いただきありがとうございます。セキスイハイム東海コールセンターでは静岡県内のセキスイハイム・ツーユーホームご入居者様からの設備や暮らしに関するご相談を承っています。

「機器の操作方法がわからない」「部品が壊れてしまったので修理してほしい」「リフォームを検討しているがいつごろするのが良いだろうか」などお困りのことがあれば、些細なことでもお気軽にご相談ください。

その他のお悩み解決集Q&Aを探す

外壁・屋根・外構 ][ 窓・玄関・勝手口 ][ 建具・床・クロス ][ 水まわり
太陽光・蓄電池 ][ その他部品・設備 ][ 住まいの豆知識

タグ :
電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海
コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、
担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ