印刷範囲
本文プリント

Q.冬本番を前に・・・ボイラー(給湯器)の点検方法を教えてください。

厳冬の朝、「アレッ!お湯が出ない!?」
なんていうことにならないように・・・

年間を通じて故障や不具合の可能性があるのは、ボイラーに限らず、どの設備機器でも同じこと。
けれども、これからの寒い季節、あたたか~いお風呂に入れなかったり、冷たい水で食器を洗わなくてはならなかったり・・・と、故障して初めてその存在の大きさを痛感するのがボイラーです。
厳冬の朝、「アレッ!お湯が出ない!?」なんていうことにならないよう、少しでもおかしいなと思ったら、冬本番を迎える前に一度点検を。寒さに比例してますます使用頻度も高まる設備だからこそ、状態によっては修理交換も視野に入れておいた方が良いでしょう。
また、寒冷地でも起こりがちな水道管の凍結への対処方法もご紹介していますので、併せてご覧ください。

【点検】「故障?」「正常?」見分け方のポイント

【交換・購入】「わが家に最適なのはどのタイプ?」

【使用】「こんな時はどうする?」

水道管も“冬支度”を

その他のお悩み解決集Q&Aを探す

外壁・屋根・外構 ][ 窓・玄関・勝手口 ][ 建具・床・クロス ][ 水まわり
太陽光・蓄電池 ][ その他部品・設備 ][ 住まいの豆知識

タグ :
電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海
コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、
担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ