印刷範囲
本文プリント

停電を伴う災害時に自宅で日常生活を取り戻すためのポイントは?

A.セキスイハイム東海コールセンターからの回答

「太陽光発電+蓄電池」で素早い生活再建が可能です
災害時に自宅で生活をするために最低限必要なものは、水・食料・インフラですが、停電も発生している場合、太陽光発電と蓄電池で電源が確保できれば、生活再建の足がかりになります。


災害への備えは「命を守る準備」と「生活再建の準備」

1.命を守る準備

jisin02セキスイハイムの住宅は地震に強いため、家具の固定とガラスの飛散防止をし、さらに火災や津波から避難する準備を整えておけば、「自分と家族の命を守るための環境作り」が可能です。


2.生活再建の準備

素早い生活再建は、「避難所へ行かない」と同義です。自宅が無事で、水・食料・インフラが確保できれば、不便な避難所ではなく、自宅で地域の復旧を待つことができます。また、太陽光発電があれば、最も備蓄がしづらい「電気」を確保することができ、生活再建の足がかりにできます。

自宅の「太陽光発電+蓄電池」で日常生活を取り戻す

jisin01停電を伴う災害時、自宅で生活再建をするためには必要最低限の防災備蓄に加え、「電気」の確保が必要です。もし、自宅に太陽光発電があれば、晴れの日中に限定されるものの、自立運転用コンセントから最大1,500Wの電気を使うことができ、生活を、より日常へ近づけることができます。ポイントは以下の通り。


  • 長めの延長コードを複数用意、取り回しができるように。
  • 昼は冷蔵庫、夜は保冷剤とクーラーボックスで食品保存。
  • 太陽光で充電できるよう、普段から充電式乾電池を利用。
  • 電気ポットやカセットコンロで非常時の熱源確保。

電源とあわせて適切な電化製品を準備して、電気を有効に活用できるようにしましょう。
太陽光発電に加えて蓄電池があれば、停電時や夜間にも大活躍してくれます。

注目の商品「蓄電システム(e-Pocket)」

chikudenchi01


セキスイハイム東海コールセンター
住まいのお悩みなんでもご相談ください

セキスイハイム東海のオーナーサポートサイトをご覧いただきありがとうございます。セキスイハイム東海コールセンターでは静岡県内のセキスイハイム・ツーユーホームご入居者様からの設備や暮らしに関するご相談を承っています。

「機器の操作方法がわからない」「部品が壊れてしまったので修理してほしい」「リフォームを検討しているがいつごろするのが良いだろうか」などお困りのことがあれば、些細なことでもお気軽にご相談ください。


その他のお悩み解決集Q&Aを探す

外壁・屋根・外構 ][ 窓・玄関・勝手口 ][ 建具・床・クロス ][ 水まわり
太陽光・蓄電池 ][ その他部品・設備 ][ 住まいの豆知識


タグ :
電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海
コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、
担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ