印刷範囲
本文プリント

静岡発!「整理収納」なるほどレシピ
Vol.86 新型コロナ緊急事態で失敗したコト・学んだコト

静岡県内各地で整理収納講座や女性講座を多数開催している「整理収納アドバイザー」佐藤慶子先生が、整理収納ワンポイントアドバイスをご紹介します。(佐藤先生のサイト【ブログ】)

皆さま こんにちは!
緊急事態宣言が全国で予定より早めに解除され、東京ではレインボーブリッジに虹色が戻ってきたようですね。本当の日常が戻るのはもう少し先かもしれませんが、これで一安心、やはり嬉しいコトです!

5月の連休後昼間は半袖でもいいくらい暑くなってきたので早めに衣替えを済ませました。毎日みているクローゼットですが、ずっと洋服も買っていないことに改めて気が付きました。カタログで注文することはありますが、コロナが蔓延した頃からそれもやっておらず、外出もしなくなると洋服への関心も薄れてしまった気がします。それでも日々何も問題なく過ごせるものなんですね。

家の中だからといって、どうでもいい身なりをしていたわけではありませんが、購買欲が少なくなったことは事実です。落ち込んだ日本の経済を立て直すには個人個人の消費も必要ですよね。外出するのもためらってばかりでなく人込みではエチケットを守り、気をつけながらお買い物にも出かけていこうと思っています。

特定給付金の使い方の大義名分もたつし、苦しい時を乗り切った飲食店にも足を運び、ずっと行きたかったところに旅行も行ってみよう!

皆さまはどんな楽しみを見つけていきますか?

失敗したコトとは?

表題のとおり今回の新型コロナで失敗したことがありました。

マスクから始まり、消毒スプレー、ティッシュペーパー、トイレットペーパー、キッチンペーパー、ウエットティッシュなどがあっという間に店頭から消えましたね。買い占める消費者もいて本当に必要な人に回らず大変な思いをされた方もいたことでしょう。
今まではずっとウエットティッシュの詰め替えを3個で一袋のモノを買うルーティーンにしていたのですが、自粛期間は少し多めに買うことにしました。その詰め替えを、いつものストックの場所には入りきらなかったので、そこ以外の電話台の引き出しにまとめて収納することに決めました。

ところが、トイレットペーパーのように減るスピードが早くないモノなので、詰め替える時期もすぐではなく、まとめて買ったストックの場所をすっかり忘れてしまったのです。
おかげで先日3個一袋のウエットティッシュの詰め替えをいつもどおり買ったあとに、多めにストックしてあった例のウエットティッシュを見つけ(見つけたのではなく自分がしまっておいただけですが・・・)腰が抜けるほどの衝撃を受けました。決して大袈裟な表現ではありません。

皆さまには<把握できるほどの量を、忘れない場所でストックの管理をしていきましょうね!>などと毎回片付け講座で伝え続けてきた自分だったのに、その張本人が場所を忘れ、管理を怠り、把握できないなんて・・・(沈)

↑いつも使っているウエットティッシュ

↑緊急事態で購入したストック分

モノの買い方はパターンを決める

そこで同じ失敗をしないように、いつもストックしている場所に付箋でメモを付けました(写真参照)今回で余分に買ったストックを使い切ったらいつものルーティーンに戻すつもりです。このことで再確認!買い方も自分の暮らしに合うルーティーンを守り通すのがベストだということです。

お片付けサービスに伺うお宅でモノが床に溢れている家は、安いから買う、ついでに買う、家にまだあっても買う、などと買い方が決まっていないことが多いように思います。
モノの買い方はルールを決めて<循環させるパターン作り>を是非おススメします。今回のウエットティッシュの件は収納場所を忘れた自分にまず反省ですが、緊急事態という特別な時ではありましたが、ウエットティッシュをいつもの消費サイクルより多めに買ったことが落とし穴になったとも言えます。

早く落ち着いたモノの買い方に戻る安定した日常生活になることを願わずにはいられません。

↑忘れ防止に貼ったメモ

↑いつものレフィルの収納場所

快適空間への
リフォームも
お任せください!
整理収納力UP

長く家に住んでいると、部屋の中にモノが増え、空間が狭くなってしまうことにお悩みではありませんか?
モノがあふれると整理整頓をするのも一苦労。
お部屋の空間も狭くなると、気持ちも窮屈になってしまいます。
そんなご入居者様向けに、お部屋の整理収納力をぐっと高める収納リフォームをご提案いたします。

収納リフォームページへ

無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
収納アドバイス「片づく暮らし 豊かな暮らし」や「収納」をテーマに、快適リフォームのポイントをまとめた「暮らしのリフォームガイド」などを無料でお届け。

「整理収納アドバイザー」佐藤慶子先生 ご紹介

静岡県静岡市生まれ。 2010年に整理収納アドバイザー1級、整理収納アドバイザー2級認定講師資格を取得。 静岡県内を中心に、セミナー、2級認定講座、収納サービスなどを展開。 NPO法人ハウスキーピング協会所属。 静岡県内各地で整理収納講座や女性講座の開催実績多数。
2015年2月にはTBSテレビ「マツコの知らない世界」に物干しアドバイザーとして出演。

ブログ「ビバ!スタイル整理収納アドバイザー 佐藤慶子」

タグ :
電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海
コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、
担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ