印刷範囲
本文プリント

静岡発!「整理収納」なるほどレシピ

プレミアムーオーナーズ倶楽部専用コンテンツ:整理収納アドバイザー 佐藤慶子の「整理収納ワンポイントアドバイス」

大好評の地元専門家とのコラボ連載企画第1弾。
静岡県内で活躍されている「整理収納アドバイザー」佐藤慶子先生をお迎えして、セキスイハイムの住宅にお住いのオーナー様向けの整理収納に関するワンポイントアドバイスを解説していただきます。

Vol.52:モノの整理は心の整理

熱中症で病院に搬送されるニュースを毎日耳にするようになりました。昔はなかった花粉情報や紫外線情報も時期になると天気予報で知らせてくれます。 これからは熱中注意喚起情報(?)となり、そのうち幼児と年配の方は外出禁止注意報なるものが発令されるのではないかとさえ思ってしまいます。 皆さまの夏はいかがですか?暑さに負けない体力つくりと気持ちの持ち方で、今年の夏も頑張って乗り切っていきましょう!
続きを読む

Vol.51:ゾーンでエリアを決める

講座でもよくお悩みを聞く機会があります。 所有している互いのモノで、ご家族との関係がこじれることもよく聞く話です。 ご主人の趣味のモノの増殖で収納スペースが崩れる。子供の作品でストレスになる。親の昔のモノで押入れが占領されているなど・・・。 どんな家族構成でも悩みは発生します。どこかで線を決めて譲りあうことが円満の秘訣かもしれません。
続きを読む

Vol.50:早めの梅雨対策で先手必勝

爽やかな5月も去りいよいよ梅雨入りが近づいてきましたね。 梅雨入りトップバッターの沖縄・奄美地方では既に5月13日には梅雨入りしました。雨の苦手な私は少しでも遅れて欲しいと願っているのですが、梅雨入り前にショックなことが先月勃発!久しぶりにボックスシーツを洗濯しようと外した時、私の目の中に飛び込んできたのは、ベッドの中央部分の変色です
続きを読む

Vol.49:キレイの相乗効果

玄関先に花を植えたり、鉢を飾ったりするだけで格段に雰囲気は変わります。花を飾っただけでもっとキレイにしたくなる。花が一番いい状態で綺麗に見えるようにしたくなる。キレイは綺麗を呼ぶとはこういうことなのです。
続きを読む

Vol.48:実家の片づけ 親と子の温度差

講座などで悩み相談としてよく聞く実家に置いたままになっている荷物の問題。今回は誰でも心当たりがあるかもしれないお話をしてみましょう!
続きを読む

Vol.47:スタイリストに学ぶ、服の持ち方でクローゼット改革

服の持ち方は、暮らしの中のモノの持ち方に共通するとも言えます。皆さんも暮らしの節目になるこの季節にもう一度、洋服はじめ家の中のモノの見直しをしてみませんか? 
続きを読む

Vol.46:「ベッドの下の空間を上手に使って収納倍増」

女性が一番関わると言ってもいい台所は大きな問題になります。その人が使いやすくても他の人にとっては使いにくいこともあります。何らかの意図があっての収納でも価値観や頻度、動線、動作で大きく違ってきます。収納に完成はないので、共有する場所こそ、お互いが納得できる形にしていきたいですね。
続きを読む

Vol.45:年賀状の保管と処分方法

大切な年賀状だからこそ、その後の年賀状の保管、保存、処分に悩んでいる方も多いのです。皆様はどのようになさっていますか?
続きを読む

Vol.44:「家の中のモノに<定位置>の必要性」

常にモノと向きあっているので、何が「必要なのか?」、「不要なのか?」と自身に問いかけ、モノを管理、支配する立場ですが、モノを過剰に持ちすぎると、逆にモノに支配されて立場が逆転することもあります。皆様はいかがでしょうか?モノにおぼれているということはありませんか?
続きを読む

Vol.43:日本庭園に学ぶ美しさ

龍潭寺のお庭を拝見しながら、人の暮らし・生活もここに繋がるのではないかと痛感しました。家の中も常に整えておけば、散らかってもすぐ片づけたくなるだろうし、余分なモノは目につくはず。整うことがどれだけ人の心を穏やかにするのだろうか?暮らしや生活が整うだけで人間関係まで変われるはずです。相乗効果は壊れることなくいいことだけが広がります。仏教の六曜には「仏滅」がありますが、実は「物滅」とも言い、「物が一旦滅び、新たに物事が始まる」日ともされています。 6日ごとに仏滅はやってきますが、仏滅の日に要らないモノを処分していき家を片づけるのもなかなか洒落ているとは思いませんか?
続きを読む

ページの先頭へ