印刷範囲
本文プリント

静岡発!「整理収納」なるほどレシピ

プレミアムーオーナーズ倶楽部専用コンテンツ:整理収納アドバイザー 佐藤慶子の「整理収納ワンポイントアドバイス」

大好評の地元専門家とのコラボ連載企画第1弾。
静岡県内で活躍されている「整理収納アドバイザー」佐藤慶子先生をお迎えして、セキスイハイムの住宅にお住いのオーナー様向けの整理収納に関するワンポイントアドバイスを解説していただきます。

Vol.62:今どき主婦の賢く梅雨を乗り切るコツ

梅雨に入ると洗濯は主婦の大きな悩み。雨が続けばどうしても室内で干すことになり、乾かすことに本当に苦労しますね。 洗濯物の湿気で部屋に嫌なにおいが溜まることもあります。何とか早く乾かしたい、そしてにおいが発生しないようにしたい!そこで早く乾かすひと手間をお勧めします。
続きを読む

Vol.61:家の中のぜい肉をとってみよう

手に届くところに日常のモノが全てある!となると便利で楽のようですが、景観的にはどうでしょう? あれもこれも全部出してあるのは生活感が溢れすぎていてカンファタブルとは言い難いですね。 まだ若く体も健康なうちは、「手の届くところ」という言葉を都合よく使わず暮らしのぜい肉を増やさないことを意識していくことが大切ではないでしょうか。 体もモノもぜい肉がつくのは簡単ですが、取るのは本当に大変なのです。
続きを読む

Vol.60:2タイプのクローゼットの使い方

部屋の中の収納で大きな役割のクローゼットですが、使い始めの形が崩れてしまい、いつの間にか押し込むだけの空間になってしまうことがあります。 容量以上に入れようとすることが第一の原因。中の使い方にも問題があります。 クローゼットが引き戸で左右に開くタイプか、観音開きで中央が開くタイプかでデッドスペースの場所が変わります。忘れがちなデッドスペースは最初に考えた方が賢明です。引き出し収納も戸の形状によって置く場所が微妙に変わります。 クローゼットは部屋の中の収納の割合でいったら面積も広く強い味方です。長く付き合うには大切に使っていきましょう!
続きを読む

Vol.59:多様な使い方のできる箱と袋の話

女性はきれいな空き箱が大好きです。私もしかり。空き箱といっても、しっかりした状態でよれよれでない箱。しかも花柄やおしゃれなデザインだったりするとなかなか捨てられません。とりあえず・・・取っておく。こうして空き箱ってどんどん溜まってしまうんですね。ビニール袋も日々使うアイテムで必要不可欠なのでこれも溜まりやすい代表的なモノですね。いつか使うかもしれない・・と思って取っておくと意外に場所をとります。
続きを読む

Vol.58:暮らしのイメージを持つ

寒さはまだまだ続いていますが、自然界では少しずつ春の兆しを感じてきました。今年は何の花を植えよう!苗もそろそろ買わなくちゃ・・・などガーディニングが趣味の方なら次の植え替えも気になっているのでは?花の手入れもどのくらい丁寧にしたかによって花の成長も違ってきますね。これって家の片づけもしかり。キレイに整えたあとの持続の方が大切。散らかることなんて本当に簡単。もし皆さまがキレイにした家を持続していきたいならば、こんな秘訣お教えしましょう!
続きを読む

Vol.57:今年の初めに風水を取り入れよう!

私のライフワークである「整理収納」は人を喜ばせることができる「力」をもっていると思っています。日々のちょっとした整理でも片づけでも、終わったあとの爽快感と充実感を得るたびに心が軽くなるのを感じています。 整理収納はよく風水と結び付けられ考えられます。
続きを読む

Vol.56:シーズンにしか使わない家電はどうしまう?

いたるところで紅葉の便りが聞こえてきますが、寒暖の差も激しくなり同時に一段と寒さが身にしみてきましたね。 皆さまのお宅では、もう冬支度はお済みでしょうか?家電は形が不揃いで収納泣かせです。シーズンにしか使わない家電はどこに収納するのか?できるのか?考えてみましょう。
続きを読む

Vol.55:毎日使うお弁当箱・水筒の取り扱い

お弁当作りをしているお宅の悩みは何がありますか? ひとつには、お弁当箱や水筒の置き場所があるのではないでしょうか? 蓋のパッキンや本体の角はしっかり乾かしたいし、次の朝にはすぐ使わなくてはならないので、細かい収納は面倒になります。 むしろ、ざっくりと大雑把に「かご収納」などはいかかですか?
続きを読む

Vol.54:家にねむっているモノでも誰かに必要なモノはある

家の中で生活しているだけでモノは増えていきます。 新しいモノが入ってくれば古いモノは要らなくなる。でも古くても大事なモノは必ずあります。古くなればなるほど思いが強くなり手放せなくなる。本当に大事なモノは納得するまで取っておいていいのです。
続きを読む

Vol.53:親子で助け合う片付け

実家に行った時のことです。母が指にケガをしたので簡単なパジャマのズボンのゴム替えを引き受けました。 「針箱は?」と聞くと押し入れの中とのこと。取り出そうとしたら針箱の取っ手が壊れていて片手で持てません。両手で持ったら昔のソーイングボックスで結構重いのです。 中を開けたらぎゅうぎゅう詰めに裁縫道具が入っていました。ゴム通しもなかなか見つかりません・・・
続きを読む

ページの先頭へ