印刷範囲
本文プリント

心と家庭を豊かにする色彩アドバイス
Vol.16 :柔らかな想いを感じる色

見るからに優しさを感じる色〜ソフト・トーン〜
純色に明るい灰色が混ざった色、これをソフト・トーンと言います。
色味も明るさも感じるのですが、グレーが混じっているため、少しくすんだ感じの色です。
ヴィヴィッドトーンほど華やかではなく、ストロングトーンよりキツさも薄れ、言うならば羊毛に染めた色のような優しさがあります。
柔らかで、穏やかな印象のソフト・トーンは、穏やかな大人の色とも言えます。
今回はこのソフト・トーンを楽しんでみましょう。

大人が楽しめる色、大人のパステルカラー

今回のテーマはSoft tone(ソフト・トーン)です。
大人が楽しめる色、大人のパステルカラーとでも申し上げたら良いでしょうか、
色味はあるけれど、ペール・トーンやライト・トーンのように子供っぽい感じではなく、大人の渋みのあるソフトな色味と言えばわかりやすいかもしれません。

ソフトとはすなわち柔軟であるとも言えます。強く主張する訳ではないけれど、優しく受け止める包容力を持っている印象があります。
色がある事はわかるけれど、押し付けがましくなく、またしっとりと落ち着いた曇りの日の色といった印象です。
具体的には雨の日の夕方に見る紫陽花の色と言えば良いでしょうか。思わず触れたくなる、ふわふわの羊毛の色とも言えます。お洋服ならば、来ているだけで優しさを感じる色です。女性のスーツにすると、品良く優しく見える色です。

寄り添いたくなる優しさ

パステルカラーと言われるペール・トーンや、ライト・トーンとの違いは何なのか。これは一言で言うのは難しいのですが、言って見れば羊毛のような毛羽立った色といえばよいのでしょうか?

この羊毛、実はクリーム色のように見えますが、微妙にグレーが入っています。

強い色にこの明るいグレーを混ぜるだけで、上品に落ち着いた色になります。

とはいえ、真夏に毛羽立ったウールというのも考えにくいので(ですよね)、布で表現するとこんな感じの色味になります。

このくらいの色味でしたら、優しい雰囲気の夏の装いにも使えますね。
家の中も、原色(ビビッド・トーン)や強い色(ストロング・トーン)だけではちぐはぐな感じになってしまいやすいので、その時にこのソフト・トーンを受けの色、もしくは色の緩衝剤としてお使いになると良いかと思います。

同系色などでストロング・トーンとソフト・トーンの組み合わせをやってみると、奥行きが出て立体感のある上級コーディネートになります。
使い方としては、ソフト・トーンの中に強めの色を入れてみるというバランスで考えて行くと、まとまりやすくなると思います。

・・・何事も緩急ということでしょうか。ぜひお試しください。

「おうちの彩りに役立つ」おすすめアイテム
カバーリングにソフト・トーンを活用

ソフト・トーンは何事も柔らかく包み込んでくれるような色達です。ただし、ちょっとだけ明るいグレーが入っているので、浮きすぎず、落ち着いた印象になります。こういう色で大きめの場所(カーテン、ラグなど)を彩ると簡単に部屋の印象を変えることができます。
少し大人びた印象になりますので、大人の落ち着いた空間を、華やかすぎずに彩るには最適です。ただ、優しい、落ち着いた印象になりやすいので、あまりにはっきりとした真っ黒や真っ白なものとの組み合わせはあまりおすすめしません。

濃いめの木の色とあわせれば洒落た感じになると思います。また、白木と組み合わせるのであれば和風の小物とのコーディネートが素敵ですね。
 
大人のインテリアの色遣いにどうぞ。

セキスイハイム東海ご入居者様へのメッセージ

トーンを上手に活かしてなりたい自分に!

人は見た目が8割と言われています、これに関しては人によっては9割と言う人もあれば6割と言う人もあります。
割合はどうであれ、半分以上の印象がその方の見た目から受けるものであると言うのであれば、これを利用しない手はありませんね。

色はとても大きな視覚情報です。人は色の経験によって世界を認識していると言っても過言ではありません。

色を利用すると言うと、ずる賢く聞こえて印象が悪いかもしれませんが、自分を上手に相手に伝えると言い換えると、ぐっと良い印象になると思います。
自分を偽るのではなく、上手に伝えるのは、視覚情報に左右されがちな現代において、大切な技術になってくると思います。

色の情報やトーンの印象を毎月お伝えしているのも、できれば、皆様がご自分の望む自分や伝えたいメッセージを、色を使って表現できればステキだなと思ったからです。

今日は柔らかい印象に見られたい。控え目だけど、きちんと主張したい。そんな時、強過ぎもせず、かといって薄過ぎもしないソフト・トーンはうってつけです。
自分の個性が強すぎると思われる方は、この色を上手に使って優しさをアピールすることも可能です。もう少し自分をアピールしたいけれど、あまり派手にしたくない。そんな方にも使いやすい色だと思います。

色を変える事で、なりたい自分に近づいてみませんか?
これからだんだん難しい色のご紹介になってゆきますが、そういった色をどうやったら上手に使いこなせるようになるのかといった、ちょっとしたヒントも一緒にお伝えして行きたいと思います。お楽しみに!

暮らしを快適にする
リフォームコーディネートも
お任せください!

キッチンや浴室を最新システムに。使い勝手や機能の向上をご提案します。キッチンや浴室、家具や収納システムなど、日進月歩で進化する最新設備をご紹介し、お住まいの機能や快適性を飛躍的に向上させます。

暮らし快適リフォームページへ

お客様1人1人の個性と想いに応える為、10万点以上の豊富な家具・オーダーカーテン・照明・ラグ等のインテリアアイテムをご用意。おしゃれな住まいへの模様替えはお任せください。

インテリアコーディネートページへ

「ライフクリエイター」石川ジェインちはる先生 ご紹介

慶応義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業
大手化粧品会社ファッション研究所にて消費者マーケティングレポートの作成、企画営業等を経て大手出版社編集部に中途採用され、編集者として創刊号・2号に携わる。
退社後二人の娘を得て主婦としても14年の研鑽を積み、その間大手英会話教室のホームティーチャーとして5年にわたり3歳から70歳までの方に英語を教える。現在、Life Creator’s Studioを主宰。静岡県磐田市在住。

Webサイト:http://www.life-creators.com/
Facebook:https://www.facebook.com/LCreators

タグ :
電話でのお問い合わせ先
セキスイハイム東海コールセンター【24時間受付】
セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
コールセンターが一括受付して、担当部署が対応いたします。
無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

ページの先頭へ