印刷範囲
本文プリント

石川ジェインちはるのLife Creator’s Tips
Vol.82:〜食べるアロマテラピー〜パンプキンチーズケーキ

    生活を楽しむライフクリエイターのキッチンから香りや食材を活かして、簡単にできるお料理やお菓子を楽しくお伝えしていきます。

    Webサイト:https://life-cs.co.jp
    Webサイト:http://www.life-creators.com
    Facebook:https://www.facebook.com/LCreators
    Instagram:lcsishikawa

    石川ジェインちはる
    その不調、心の不調なのかもしれません

    秋がだんだん深まってきて、暑かった日々が嘘のように涼しくなってきました。
    今年はいつまでも長引く暑さでなんだか調子がでないという方も多いかと思います。
    何だか不調。もしかして、その不調は心の不調なのかもしれません。

    お薬も手早くていいのかもしれませんが、できれば自然に治るといいですよね。
    今回は香りの効果に期待して、アメリカで食べられている伝統的なパンプキンパイを食べやすくしたパンプキンチーズケーキを作ります。
    パンプキンの部分だけだとちょっと食べ飽きるところを、チーズケーキと組み合わせることで食べやすくしています。

    心を元気にする香りの効能と、粘膜を強化するカロテンたっぷりのかぼちゃ、この二つのハーモニーをお楽しみ下さい!

    今月の「これいい!」では、コロナ後も続く手指の消毒に欠かせない非接触式のミスト消毒液ディスペンサーをご紹介します。

    それでは今月も最後までお楽しみください!

    スパイス!そう、それは食べるアロマテラピー!

    母の友人で、お料理やお菓子作りがお上手だった方が、ある時ふっと私に話してくれたことがありました。

    「ねえJane、お菓子の味は最後にどれだけいいお酒を使うかで決まるのよ。」

    この言葉はなぜか私の胸にストンと落ちたのです。

    お菓子作りにハマっていた当時、上手に作ろうと思っても、どこか卵の匂いが残ってしまったり、せっかくできたのに、何か一つ物足りないのはなぜだろうと思っていたからです。

    人間の五味(甘い・塩辛い・辛い・酢っぱい・苦い)は基本の味ですので、必ずどれかの味がします。そこに素材そのものの香りや舌触りが加わって、季節感やそれぞれの料理の味を決めます。
    でも、最後にあと一つだけ、料理の味を特別にしているものは何かと問われたら、私は「香り」だと答えます。

    母の友人の一言もきっと、上等なお酒の芳醇な香りがお菓子に深みを与えるのよ…と言いたかったのではないでしょうか。

    日本人は強い香りのものが苦手と言われてきましたが、どうしてどうして、納豆に山椒、生姜やミツバ、シソにしても、それぞれかなり強烈な香りです。
    これは私の意見ですが、それまでの「日本人」が、いわゆる外国のスパイスに慣れていなかったのが苦手の原因だったのではないでしょうか。

    海外旅行が特に珍しいものではなくなり、誰もが海外の文化に触れるようになってから、外国の食べ物にそれほど拒否反応を示さなくなってきたように感じます。
    さらに、ステイホーム中にお料理に目覚めた方やスパイスカレーブームで、おうちに色々なスパイスの瓶が増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    そこで、今回はスパイスたっぷりのパンプキンパイを焼こう!と思い立ったのですが、どんなに簡単なパイでも、やはり手間は相当なもの。
    基本は簡単に作れるお菓子をご紹介するコーナーなので、焼くのは一回だけのパンプキンチーズケーキに変更しました。

    今回使用したのはシナモン、クローブ、ジンジャー、ナツメグ、ブラックペッパーです。

    シナモンとクローブまでは理解できるけど、ナツメグやブラックペッパーって、お菓子に使うの?と思われたかもしれませんね。
    実はスパイスを使ったお菓子にナツメグを使うのは海外のレシピではそう珍しいことではありません。ただし、ブラックペッパーは初めての試みでした。

    実際焼き上がったものを試食してみても、どこにコショウが入っているのかなんて、ちっともわかりません。辛くもありません。不思議ですね。多分ブラックペッパーが重く、甘くなりがちな香りを爽やかに引き締めてくれているのだと思います。

    せっかくですから医食同源と言われ、実際に漢方薬として使われてもいるスパイスの主な効能もちょっとお伝えしておきます。

    シナモン 

    抗酸化とアンチエイジング(老化防止)の生薬(肉桂)としても有名なシナモン。毛細血管の傷を修復してくれる効果が期待できるので、血液循環を改善し、美肌、冷え性、むくみの防止などに役立ってくれます。女性の味方といっても過言ではありませんね。

    クローブ

    生薬の丁子(チョウジ)としても知られています。冷えによる腹痛、消化不良、体内の抗酸化作用、免疫調整といった効果で知られています。シナモンとも相性がよいので、よく一緒に使われます。

    また日本にも古くから伝来していたスパイスで、なんと東大寺の正倉院には実物が保存されているそうです。当時は防虫や防カビの効果も期待されていたようです。

    またゴキブリや害虫が嫌う匂いとも言われ、防虫剤にも使われます

    ナツメグ

    肉豆(ニクズク)という漢方薬として知られているナツメグは、頭痛や胃腸、口臭予防にも使われたりします。
    さらにビタミンB1やB2、銅やマンガンなども含みます、銅は鉄分の吸収に必要な成分なので、鉄分の多い牛肉のハンバーグにナツメグを使うというのは合理的な組み合わせだったのですね。

    またオイゲノールという成分は口臭予防も期待され、胃の中からも口臭予防が期待できます。

    ジンジャー

    生姜に含まれるジンゲロールの抗酸化作用で老化の予防が期待できます。
    さらにジンゲロールには血管拡張作用があるため、肩こりや頭痛の改善にもつながります。

    さらにジンゲロールを加熱するとショウガオールになります。このショウガオールには体温をあげたり、殺菌、抗酸化、さらに美肌効果も期待されています。

    ブラックペッパー

    意外に知られていないのですが、ブラックペッパーにも様々な効能があります。
    血行促進に始まり、食欲促進、「ピペリン」という辛味成分が交感神経を刺激することでアドレナリンが分泌され、脂肪分解酵素が活発になり、ダイエット効果が期待されます。
    さらに興味深いのは、刺激的なはずのブラックペッパーに含まれる香り成分に、神経をリラックスさせて、怒りや不安を和らげる作用があります。

    ピペリンにも多幸感をもたらすセロトニンやエンドルフィンを増やす効果が認められています。

    あっという間に出来上がり⁈今月の簡単お料理

    パンプキンチーズケーキ

    正直、かぼちゃのお菓子というのは、見た目が地味です。パイ皿いっぱいにひろがる茶色い世界…またカボチャには特に特徴のある香りもありません。でも、そこにスパイスが加わると、途端に素敵なお菓子になります。香りと舌触りのハーモニーは、アメリカで今も変わらず愛されている理由です。

    特に10月のハロウィン、11月の感謝祭には、かぼちゃのパイやスフレにチーズケーキなど、かぼちゃとスパイスを使った料理が欠かせません。

    今回は、通常のシナモンやクローブに加えて爽やかな香りを加えるブラックペッパー等を効かせた大人の味になっていますので、大人のためのパンプキンパイです。普通のお菓子に飽きた方に、挑戦していただきたい一品です。もちろん、スパイスがへっちゃらなお子様にもお楽しみいただけます。

    材料(直径22センチのパイ皿1枚分)

    ■クッキー台

    • クッキーを細かく砕いたもの(お好きな種類で)…カップ1.5
    • きび砂糖………60g
    • バター………70g
    • シナモン(粉末のもの)…小さじ1/2

    ■チーズケーキ

    • 室温に戻したクリームチーズ……225g
    • きび砂糖………90g
    • バニラエッセンス…小さじ1
    • 卵…2個
    • 茹でて裏ごししたカボチャ…カップ1/2
    • シナモン…小さじ1と1/2
    • ジンジャーパウダー…小さじ1/2
    • ナツメグ…小さじ1/4
    • クローブ…小さじ1/8
    • ブラックペッパー…小さじ1/8
    • 生クリーム…100ml
    • グラニュー糖…大さじ1〜2

    作り方

    ■クッキー台

    1. クッキーを砕いたものときび砂糖、湯煎や電子レンジなどで溶かしたバターを混ぜる。
    2. 22センチのパイ皿等に敷き詰めておく。

    ■チーズケーキ

    1. オーブンを170度に予熱しておく。
    2. ボウルにクリームチーズときび砂糖、バニラエッセンスを入れ、よく混ぜる。
      そこに卵を1つずつ加えて、加えるたびに滑らかになるまでよく混ぜる。
    3. カップ1と1/3を取り分けて、クッキー台を敷き詰めてあるパイ皿に入れる。
    4. 残ったチーズケーキの生地にかぼちゃの裏ごしを加え、スパイスも全て加えてよく混ぜる。
    5. カボチャを入れたチーズケーキ生地をパイ皿にスパチュラなどで丁寧に上に広げる。(流し入れると二層になりません)
    6. 170度に予熱しておいたオーブンに入れ160度で35〜40分程度焼く。
    7. 焼き上がったら十分に冷まし、3時間以上冷やしてからテーブルへ

    ■仕上げ

    生クリームとグラニュー糖を泡立てて、チーズケーキの上にトッピングしてから召し上がれ!


    Recommendation from Life Creator’s Studio〜ライフクリエイターの「これ、いい!」〜

    Life Creatorが毎日の生活の中で「これ、いい!」と思ったモノやコトをご紹介します。
    小さい頃からストーリーや機能美があるモノが大好きで、長年集めたあれやこれやをまとめ2019年6月からみなさんが集える場所としてLife Creator’s Studioを始動させました。
    そこに集めた(集めたい)あんなもの、こんなものをご紹介していきます。

    コロナ感染が広がってから、手指の消毒はどこへ行っても欠かせないものとなりました。

    ただ、いつも気になるのは「このポンプ、誰が使ったんだろう?」ということです。

    ペダルを踏んで消毒液を出すタイプもありますが、どれも今ひとつ使いにくい…と思っていたら、見つけてしまいました!
    まさに非接触を極めたミストディスペンサー!
    このミストディスペンサーの上に手をかざすと、下から消毒液が吹き上がる仕組みです。これなら何にも触らずに手指の消毒ができますよね。

    しかも小ぶりで一般家庭にちょうどいいサイズです。USBで充電できるので、どこへでも持ってゆけます。
    ドロドロした消毒液には使えませんが、アルコール系消毒液なら大丈夫です。補充の仕方も簡単ですからどなたでもできます。まさに消毒最前線の玄関にぴったり!

    新規感染者が減ったり増えたりを繰り返すのは、きっとこの先も変わらないことかと思いますが、一人一人が感染予防を心がけるのが大切かと思います。

    来客時にも、帰宅時にも、玄関に置いておいて気軽に非接触で使えるミストディスペンサーは、まだしばらく活躍してくれることと思います。

    株式会社オーム電機 ミストディスペンサー LS-PS01

    今月も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
    心と身体の健康を大切にして、また来月お会いしましょう!


    Life Creator’s Tipsおすすめ記事

    Vol.71:簡単で美味しく肌や免疫力アップなデザート“初雪の柿”
    Vol.59:食物繊維で腸内環境を整える〜ゴボウとキノコのポタージュスープ〜
    Vol.47:粘膜強化で風邪なんかコワくない~カロテン&スーパーフルーツ~

    暮らしを快適にする
    リフォームコーディネートも
    お任せください!

    キッチンリフォーム

    新築から15年が過ぎると、セキスイハイム東海コールセンターにキッチンに関するお悩みをご相談いただくことも増えてまいります。
    キッチン3種の神器を取り入れた、キッチンリフォームで快適なキッチンを実現しませんか?

    キッチンリフォームページへ

    レンジフード

    換気扇のお手入れは時間がかかり、多くの水も使います。何より、高い所のしつこい油汚れを落とすのは至難の業です。そんなお悩みは最新の自動洗浄機能つき換気扇で一気に解決できます。

    キッチン換気扇ページへ

    株式会社LCS 代表取締役社長 石川ジェインちはる先生 ご紹介

    慶応義塾大学文学部人間関係学科人間科学専攻卒業
    大手化粧品会社ファッション研究所にて消費者マーケティングレポートの作成、企画営業等を経て大手出版社編集部に中途採用され、編集者として創刊号・2号に携わる。
    退社後二人の娘を得て主婦としても14年の研鑽を積み、その間大手英会話教室のホームティーチャーとして5年にわたり3歳から70歳までの方に英語を教える。現在、株式会社LCS代表取締役として、英語をはじめ、お料理教室や起業支援のスペースレンタルなど、生活を楽しんで生きる人を応援中。静岡県磐田市在住。

    Webサイト:https://life-cs.co.jp
    Webサイト:http://www.life-creators.com
    Facebook:https://www.facebook.com/LCreators

    ページの先頭へ