印刷範囲
本文プリント

床面積はそのまま。間取り変更で叶える二世帯住宅。

セキスイハイムだからできる、大規模リフォーム

高層ビルなどの構法を応用した『ボックスラーメン構造』のセキスイハイム。『ボックスラーメン構造』はユニットの4本の柱に耐力を集中させ、一般的な在来木造住宅に比べ、壁や梁が少ないという特徴があります。そのため壁を取り払って使わなくなった部屋をつなげたり、逆に空間を分けたりと、大胆で自由度の高いリフォームが可能です。

増築をせずに2世帯を叶えたお客様の施工事例

2世帯へのリフォームを検討するとき、必ずしも増築をする必要はありません。例えば、お子様が独立されてほとんど使わなくなった2階をフルリフォームすれば、増築をしなくても子世帯の生活スペースを作ることも。増築をしないという選択ができるのもセキスイハイムだからこそ可能なリフォームです。実際にセキスイハイムのご実家を床面積を変えることなく2世帯仕様にリフォームされたお客様の事例をご紹介いたします。

28年前にお父様が建てられたご実家のドマーニを明るくナチュラルな雰囲気の2世帯住宅へリフォーム。3人のお子様にはそれぞれの子供部屋も。

アパート住まいをされていたIさまご夫妻。ご両親との同居を機にご実家を二世帯仕様に。ご両親が23年前に建てたツーユーホームのリフォーム事例です。

新築や建て替えなど、さまざまな選択肢の中からリフォームを選択。可変性が高く強靭な構造体のハイムだからこそ実現したリフォーム実例です。

タグ :
ページの先頭へ