印刷範囲
本文プリント

30年目〜のメンテナンス/リフォーム

    ※建物タイプや形状により異なります。

    屋根まわり

    メンテナンス

    屋根の葺き替え時期です

    屋根をリニューアルする際には、下地の防水シートも合わせて交換しますので、美観向上だけでなく、住まい全体の保護につながります。軽量化と耐衝撃性に優れた屋根材への葺き替えをご検討ください。

    おすすめのリフォーム

    勾配屋根のお住まいには・・・軽量で丈夫な瓦に葺き替え

    セメント瓦(ブルック)は厚みのある平面形状セメント瓦、スタンダードな洋風セメント瓦に葺き替え。どちらも自然石の味わいを再現し、重厚感と高級感を演出。軽量かつ耐衝撃性に優れ、地震対策にも有効です。

    フラット屋根のお住まいには・・・屋根材を最新の折版に葺き直し

    錆が発生しにくいボルトレス折版に葺き直すことで、耐久性の向上だけでなく、雨音の発生も抑制します。またステンレス折版に交換することでメンテナンス費用を軽減できます。

    パラペットの交換、化粧胴差の交換で美観が向上

    既存のパラペットを取り外し、美しいアルミ製のパラペットに交換。同時に化粧胴差もアルミ製のものに統一することで、より一層美観アップを図ることができます。

    外壁

    メンテナンス

    メンテナンスが軽減できる外装メニューをご検討下さい

    外壁塗装が2回目以降になりますと、下地材と塗料の重ね塗りによる密着性が重要です。必要に応じて専門スタッフによる調査を行い、最適な外装メニューをご提案させていただきます。

    設備

    メンテナンス

    太陽光発電システムの交換をおすすめします

    太陽光発電システムは、設置から30年程度でパネルの発電効率が減衰してきます。ちょうど屋根の葺き替え時期と同じタイミングになりますので、合わせて最新仕様に交換されることをおすすめします。

    玄関ポーチやシャッターの交換を

    玄関ドアや雨戸・シャッターは、30年目が交換時期。電動シャッターや採光通風シャッターなど、最新の仕様にアップグレードしましょう。また、玄関の庇やタイルにも傷やひび、劣化が見られる場合は、玄関ポーチをまるごと交換することもおすすめです。車椅子でも利用できるアプローチにしたり、手すりを設けるなど、バリアフリーにも配慮しましょう。

    内装

    おすすめのリフォーム

    健康維持や介護への対策も必要です

    健康を維持し介護を予防するためには、暮らしの器である住まいの環境を早めに整えることがとても重要です。手すりや段差解消といったバリアフリー化はもちろん、「プラス快適ファクトリー」など温熱環境に配慮したメニューも多数ご用意しています。

    2人暮らしに最適なワンフロアリフォーム

    お子様が独立し、ご夫婦2人暮らしになったら、ダイニングキッチンや浴室、寝室といった生活に必要な部分を1階にまとめるワンフロア化がおすすめです。

    電話でのお問い合わせ先
    セキスイハイム東海
    コールセンター【24時間受付】
    セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
    コールセンターが一括受付して、
    担当部署が対応いたします。
    無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
    無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

    ページの先頭へ