印刷範囲
本文プリント

ライフステージ別増築・減築プラン

Page Index :

    子供世帯と一緒に暮らすことになったので、2世帯住宅に増築したい

    「子供が結婚して2世帯同居することになった。将来孫も増えることを想定すると今の間取りでは少し狭い。」
    そのようなときに、ユニットを増設することで、部屋数を増やすことができます。

    クリックすると拡大します

    親の介護が必要になったので、バリアフリー住宅に改築したい

    「親の足が不自由になってしまった、あるいは加齢とともに足腰が弱くなってきてしまった。」
    そのようなときに、階段を使った上下階の移動は大変になっていきます。それだけでなく、転落の可能性も捨てきれません。
    そんなときは、家の中の段差をなくすことはもちろんですが、車いすでも使いやすい配慮をする。これだけでも毎日の介護がラクになります。

    クリックすると拡大します

    子供が独立して夫婦ふたりの生活に。駐車場を多くとるため、減築したい

    子供が一人暮らしを始めて部屋数が余るようになった。別途借りている駐車場っ賃貸料がもったいない。そのようなときは、1階部分を減らして駐車場スペースを確保する「減築」を行うこともできます。

    クリックすると拡大します

    増築・改築後の各種保険見直しもサポート
    増改築やリフォーム、太陽光発電設備の導入などによって増えた、建物の資産価値を守るために各種保険もサポートいたします。詳しくは「各種保険」サポートページをご覧ください。
    「各種保険」サポートページヘ

    消費税率が変わります
    消費税率の段階的上昇にともなって住宅リフォーム・エクステリア・外構工事・太陽光発電導入などに対する消費税も変わっていきます。住宅リフォームの工事請負契約の場合、ご契約からお引渡しに日数を要する場合を考慮し、税率設定に経過措置が設けられています。節税をお考えのご入居者様は、お早めのご相談・ご契約をおすすめします!
    タグ :
    電話でのお問い合わせ先
    セキスイハイム東海コールセンター【24時間受付】
    セキスイハイム東海コールセンター【静岡県内全域】:0120-410-215
    コールセンターが一括受付して、担当部署が対応いたします。
    無料定期診断を申し込む:住まいの専門家が屋根や基礎、設備などの経年変化をチェックしてアドバイス。診断報告書があれば、いざという時に安心。
    無料カタログを請求する:マニュアル集「自分でできるわが家のお手入れ」セキスイハイム東海の情報誌「Pao(パオ)」各種リフォームカタログなどを無料でお届け。

    お問い合わせ

    セキスイハイム東海
    コールセンター
    【24時間受付】

    ページの先頭へ